本質開花サポーター 仁川由衣

『自分らしく幸せなマタニティライフ・出産・子育てを楽しみたいママをサポート♪』
本質開花サポーター仁川由衣(にかわゆい)です(^^)
心理学×スピリチュアルの新感覚のセッションや子育て講座、ヨガ・ベビマレッスンなどを愛知県を中心に行なっています。
プライベートでは二児のママ♡
VBAC出産経験者。

記事一覧(140)

2017年もよろしくお願いいたします♡

2017年も、もう5日目!!今年は喪中ということもありお正月はのんびりと、ゆるゆる過ごしていました。2016年は私にとっては変化の一年でした。新しいことにもたくさん挑戦し「私は何がしたいのか」にひたすら向き合った一年だったと思います。「みんながやっているから」とか世間体や常識などもたくさんたくさん疑って自分の本心をよくよく見つめた一年でした。さぁ、では2017年はどうしましょう!?ヨガの定期レッスンを手放したからか私の体はガタガタに!!日々“抱っこ”が日課のママにとって体力の大切さも身をもって痛感させられました><そんな経緯から2017年はヨガを再開したいなと思っています^^そして私はやっぱり“スピリチュアル”が好きだなーってことにも改めて気づかされました。それは見えるとか見えないとかではなく心の持ち方のこと。ヨガのレッスンではいつもそんなお話もしていたのが懐かしい^^私にとっての“ワクワク”もずっとずっと探していたのですがやっぱり遠いところにはなくて・・・【言葉】と【写真】がその答えでした。なんだかもっとキラキラしたものかと思っていた(笑)いや、私にとってはキラキラしたものなのだけど(笑)もう、揺るぎようのない答えに気づいてしまったしもうすでに、その世界で生きていることにも気づいてしまって。いつの間にやらワクワク探しは終えていてワクワクの世界を生きる段階に気づいたら来ていたのだなーと。【答えは自分の中にある】これは私の好きな言葉の一つだけどやっぱりその通りだなーと思う新しい年の始まり♪どれだけ外側を探しても答えは自分の内側にしかないのだ!今年もワクワクしながら“内観”を深めていきます♡だってそれが私の“ワクワク”なんだもーーん♡♡♡今年もよろしくお願いいたします\(^-^)/

祖父が最期にくれたもの

私事ですが…先日、祖父が天へと帰って行きました。少し前から覚悟はできていたのですがいざとなると、堪えました。祖父がいなければ私はもちろん、父も、子どもたちもこの世には存在し得ないわけで。亡くなる命があれば生まれてくる命も同時に存在し合っていて。地球に命が行き交う映像が浮かびなんだか気持ち悪くなったり。(きっと本質に触れたから)祖父の生き方から感じるものも沢山ありこの一週間は私にとってすごく深く人生を見つめ直す時間となりました。葬儀では普段会わない親戚にも会い同じ血が流れている者同士であっても生き方も価値観も全く違って。また気持ち悪くなって(笑)(だってそれも私の一部だから)人は皆、自分の経験から自分だけの哲学を持ちそれは正しいとか間違っているとかそういう物ではなく皆、自分の信じたいものを信じ大切にしたいものを大切にしそれがその人の「正解」になっていくのだなと。そして、自分が大切にしたいものを堂々と大切にしたらいいのだということ。どのみち誰かを傷つけることになるのだとしたら自分の大切な人を守ればいいのだ。自分の想いこそ一番に大切にしなければならない。祖父はキリスト教を信仰していましたがそれは、私が思っていたよりも熱心なものだったみたい。何年か前にリーディングしてもらった時にイエス・キリストが生まれた時を同じくして私も生まれた過去があったことを知った。もしかしたらその人生でも祖父と一緒だったのかもしれないなとふとそんなことも思った。私の中でもキリスト(教)の存在は当たり前にあるし祖父がお空に帰った今キリスト=祖父となった。昨日も渋滞に巻き込まれ思わず祖父に助けを求めた(笑)肉体は滅びてしまったけど存在はより濃いものとなりなんだか不思議な感じがして気持ち悪い。(またかよw)少し前に流行った「♪私の〜お墓の〜前で〜」という歌があったが本当にその通りだと思う。いつでもどこにいても私が祖父を思い出し感じればそこに祖父は存在するのだ。そして、自分が信仰していたキリスト教式の葬儀を執り行ってもらえてたくさんの家族が集い涙してくれて「あぁ、おじいちゃんは幸せだね」と、少し羨ましくもなった。どこかの言葉で生まれた時にはみんなが笑い亡くなる時にはみんなが涙するそんな生き方が幸せだみたいなものがあったと思うけど本当にその通りだなーと。私もそんな風に見送ってもらえるように精一杯生きていこうと思った。「死」は誰にでも平等に訪れる。だったら思いっきり好きなように生きるのみ!!誰かに遠慮なんてしている場合じゃないのだ。自分が生きたいように自分が「幸せ」だと感じるように生きればいい。お金や地位や名誉なんかでは「幸せ」は測れない。誰かと比べて劣等感を感じる必要も皆無。自分の生き方に堂々と胸を張っていたらいいのだ。祖父を感じる時「ありがとね〜」と満面の笑みで微笑む祖父がそこにはいる。色んなことがあったけどきっと祖父は幸せだったのだと思う。私も常識にとらわれず人の目を気にしず思いっきり生きていこう!!そろそろ私もいつものペースへと戻っていこう。少しずつね…♪ありがとう!また逢える日まで^^